ジェルキング 危険性

ジェルキングのやり過ぎは危険!!最悪は病院へ

ペニスを増大させるトレーニングである「ジェルキング」は、自宅で無料で行うことが出来るので大変便利な方法ではあるのですが、注意しなければいけない点が一つあります。
それは、ペニスに刺激を与えすぎないようにすることです。

 

「ジェルキング」をおこなう人の気持ちは、皆一緒で「早く大きくしたい」ということです。
そのため、早く効果を得たいがために力強くペニスを握ってしまったり、一日に行う回数を増やしたりします。
しかし、上記のことは絶対に行ってはいけません。

 

ジェルキング,危険性

 

ペニスは体の中でも繊細な組織になるので、強い刺激を与えすぎてしまうとペニスを大きくさせるどころか組織が傷ついてしまうなど、悪影響となってしまいます。
「ジェルキング」だけでなく、チントレ全般的にいえることなのですが、ペニスへの負荷が強くかかりすぎてしまうと大きく膨れがってしまいます。

 

炎症を起こす・損傷した組織を回復させる為に体の細胞が働き、大きく膨れあがります。
痛くならない程度に適度な力加減で回数も制限していきましょう。

 

一般的には1日5分程度行えば良いといわれていますが、たとえ規定の時間内しかおこなっていなくとも痛みを感じたりするのであれば、その場でやめるようにしましょう。

人によってペニスの耐えられる負荷も異なるので、同じ時間を行えば安全という訳ではないのです。

 

 

最悪のケースは病院へ

ペニスが膨れ上がってしまった場合に関しては、迷わず病院にて医師に診断してもらった方が良いです。

 

ジェルキング,危険性

 

インターネットを見ると「気にせず放置していたら治りました」という話をみかけたりしますが、決して良い事ではありません。

 

ペニスは生殖器なので、性行為を行うためには必要な組織になります。
組織が損傷してしまったのにきちんと治療をおこなわなかった為、正常に機能しなくなってしまうと男性からしたら耐え難い苦痛となってしまうはずです。

最悪のケースは性行為が行えない・・・

 

可能性としては限りなく低いのですが、組織が傷ついてしまうと起こりえることなのです。
そんなリスクを負いたくないのであれば迷わず病院にいくようにしましょう。
めんどうだから放置なんでことはないようにしてくださいね。

 

 

続いてはコチラ

「無料でペニス増大したい人必見のチントレと特徴別紹介」

をどうぞ!